「音の見えるカメラ」を使用して、
プラント・工場全体のエア漏れ箇所を稼働中に検査

工場やプラントでは、機械を動かすためにエアが使用されていますが、
一般的に工場全体のエア使用量の20~30%がエア漏れを起こしていると言われています。
エア漏れをなくしてエネルギーロスを軽減するために、まずはエア漏れ箇所の特定が重要です。

お問い合わせ

よくあるお困りごと

CO2排出量を
削減したい

電気代の高騰に困っているため、工場全体の電気使用量を抑えたい。
取引先からカーボンニュートラルへの対応を求められており、CO2排出量を削減したい。

どこからエア漏れ
しているか わからない

エア漏れが起きていることは把握しているが、どこからエアが漏れているかがわからない。
工場が広すぎて、すべてのエリアをエア漏れ検査することが不可能である。

休日や夜間にエア漏れ
箇所を探している

機械稼働中は様々な騒音があるため、エア漏れの音を探すことができない。
そのため、機械が停止して静かな休日や夜間に、スタッフ全員でエア漏れの音を探している。

よくエア漏れが起きる箇所

工場・プラント内でエア漏れが起きやすい箇所をご紹介します。
皆様の事業所でも、以下のような箇所からエア漏れが起きている可能性が高いです。

ホース

ホース

減圧弁

減圧弁

エアーガン

エアーガン

配管

配管

「音の見えるカメラ」を使用した
エア漏れ検査サービスとは?

音の見えるカメラ

エア漏れの音だけを検知して可視化する特殊なカメラを使用して、工場全体のエア漏れ箇所を特定します。

従来のエア漏れ箇所の特定方法は、エア漏れが起きていそうな箇所に石鹸水などを吹き付けてエア漏れが生じているか確認する方法などがありました。

しかし、音が聞こえるような大きなエア漏れ箇所しか発見が難しかったり、時間がかかるため工場の一部分しか検査ができないなどの課題がありました。

一方、この特殊なカメラを使用する方法の場合、カメラをかざして工場内を巡回するだけでエア漏れ箇所がわかるため、工場全体を小さなエア漏れも見逃さずに検知することができます。

さらに検査後には、各エア漏れ箇所の写真や漏れ量、年間損失額などの詳細な情報が記載されたものを、レポートとして提供いたします。

「エア漏れ見える化.com」が提供する
エア漏れ検査サービスの特徴

工場を止めずに短時間で広範囲を検知可能

特殊なカメラを使用し、工場内の周りの騒音は拾わずにエア漏れの音のみを検知します。この特殊なカメラをかざすだけでエア漏れ箇所を特定することができるため、短時間で広範囲を検査することが可能です。
また、工場の稼働中に検査することができるため、勤務時間外に作業員を動員してエア漏れ箇所を探すということが必要なくなります。

音の見えるカメラ
音の見えるカメラ

漏れ箇所の写真や漏れ量・年間損失額等を
レポートで即時提供

エア漏れ検査の結果はレポートとしてすぐに提供します。エア漏れによる損失金額なども詳細に記載されているため、エア漏れ箇所を補修するかどうかの判断材料として活用できます。

【主なレポート内容】

  • 〇各漏れ箇所の写真・漏れ量
  • 〇エア漏れによるCO2排出量
  • 〇エア漏れによる年間損失金額
  • 〇漏れ量の多い順の漏れ箇所一覧

35万円/日と低コストで検知可能
1年以内での投資回収ができるケースも

工場の広さなどにより検査にかかる時間や日数は異なりますが、一日あたり35万円(出張費別・税別)で検査をいたします。
工場によっては数十~百万円単位のエア漏れが生じている場合もあるため、エア漏れ検査からエア漏れの補修を含め、1年以内に投資回収ができるケースもあります。

音の見えるカメラ

周りの騒音は拾わずに
エア漏れの音のみ検知

実際にエア漏れ検査をしている様子を動画でご覧ください。

周りの騒音は拾わないため、
工場稼働中に検査が可能

動画のように、工場内は様々な機械が動いているため、大きな騒音が生じています。

人間の耳では、このように機械が動く音が響く中でエア漏れの音を探すのは非常に困難ですが、この特殊なカメラを使用すると、騒音下でもエア漏れを正確に検知することができます。

いつも通り工場を稼働させている中で、私たちがカメラを持って工場内を巡回し、エア漏れ検査を行っていきます。

事例紹介

「エア漏れ見える化.com」が手掛けた エア漏れ診断の事例をご紹介!

事例紹介

埼玉県 塗装工場

塗装を行う町工場でエア漏れ検査を行いました。これまで様々な省エネ施策を行ってきたが、エア漏れについてはなんとなく生じていることは知っていたが対策していなかったとのことで、お声がけいただきました。
ホースや配管のつなぎ目などからエア漏れが多く発生しており、検査レポートをお客様にお渡ししたところ、漏れ量が多い箇所からエア漏れの補修を行っていくとのことでした。

【検査結果概要】

漏れ箇所
: 38か所
合計漏れ量(L/min)
: 59.5L/min
年間損失金額(万円)
: 9.3万円
事例紹介

京都府 化学工場

化学製品製造メーカーの工場で、エア漏れ検査を行いました。検査時間としては、1,000㎡あたり約1時間で検査ができ、1日で工場全体を回ることができました。全部で39か所あるエア漏れ箇所のうち、漏れ量の多い上位15箇所を修復すると、全体の約70%のエア漏れを補修できるという結果となりました。

【検査結果概要】

漏れ箇所
: 39か所
合計漏れ量(L/min)
: 60.5L/min
年間損失金額(万円)
: 15.1万円
事例紹介

神奈川県 板金工場

精密板金やステンレス加工を行っている工場より、これまで勤務時間外に作業員がエア漏れの音を探していたため、検査をしてほしいとお声がけいただきました。工場自体はあまり大きくはありませんでしたが、エアガンなどからエア漏れが多く起きており、年間損失額20万円相当以上のエア漏れが生じていました。

【検査結果概要】

漏れ箇所
: 13か所
合計漏れ量(L/min)
: 410L/min
年間損失金額(万円)
: 23.3万円

工場のエア漏れ診断は「エア漏れ見える化.com」にお任せください!

お問い合わせはこちら
お電話での問い合わせはこちら 0835-52-1296 平日 8:00~17:00