熱交換器チューブバンドル引抜き作業

熱交換器のチューブバンドルを引抜く工事はどのプラントでも定期的に行われていますが、その作業方法は過去からあまり変わっていません。ワイヤーを用いて、動力を用いて引き抜く方法は国内では一般的ですが、海外では昔ながらの工法として扱われています。

ハイドロエキストラクターよるチューブバンドルの引き抜き

石化プラントにおけるチューブバンドルの引き抜き作業を行いました。
チューブバンドルの引き抜き作業は、今までワイヤーとレッカーでの対応が一般的でした。
そのような工法は、コストなどは抑えられますが、様々な状況要因が重なる為、事故リスクが高まります。

一方で当社の場合はハイドロエクストラクターというツールを用いてチューブバンドルの引き抜きを行います。ハイドロエクストラクターを用いることで、安定性を増し、作業をスムーズに進めることができます。

施工担当より


海外では、チューブバンドルの引き抜き作業においては、このハイドロエクストラクターを用いるのが一般的になってきています。

未実施の事業所でも、当社メンバーが本ツールと共に伺い作業を進めていきます。作業工程や費用感などについては会社までお問い合わせください。

お問合せ