熱交換器のリチュービング

HEAT EXCHANGE

熱交換器のメンテナンスの工程の一つに、リチュービングがあります。

リチュービングとは、チューブを古いものから新しいものに入れ替える作業です。
協和機工では、最新の専門工具を導入し、お客様のご要望に合わせて熱交換器のメンテナンスを提案します。

リチュービング

熱交換器メンテナンスとは

熱交換器は経年劣化するため、可動域がない設備であっても定期的な保全・メンテナンスが必要です。
劣化が進んでいくと閉塞やチューブ破損といったトラブルへとつながることも多々あり、生産ラインへ大きな損害を与えるリスクへと発展します。

協和機工では固定管板型、Uチューブ型など様々な種類の多管式熱交換器のメンテナンス実績があります。

▼熱交換器メンテナンスの詳しい説明はこちら▼

熱交換器のメンテナンス

リチュービング

チューブを古いものから新しいものに入れ替える作業です。

本体カバーを外し、チューブの非破壊検査を実施します。
次回のメンテナンスまでに耐久性が担保できないといった場合や、既に穴が開いている場合は古いチューブと新しいチューブを交換します。
U型のチューブの場合は、リチュービングできないので、プラグを打ち込み、チューブを閉塞させます。
高圧機器の場合、プラグを打ち込む際に溶接が必要になる場合が一般的ですが、溶接を必要としないメカニカルプラグ工法という手法もあります。

リチュービングで活用する特殊工具

ハイドロエキストラクター

ハイドロエキストラクター

大型熱交換器チューブバンドルの引抜き・挿入作業に使用します。従来は重機やワイヤーを使用した引抜き作業であり、チューブバンドルの落下・損傷の危険性がありました。
このハイドロエクストラクターを使用することで安全性の高い作業が可能となります。安全性を重要視する海外ではこのハイドロエキストラクターを用いるメンテナンスが標準的な方法になっています。

詳しくはコチラ

メカニカルプラグ

メカニカルプラグ

熱交換器やボイラー用のチューブがリークした際に閉止するものがプラグです。従来のテーパーピンのハンマー打込工法や溶接閉止工法といった従来工法と異なり、高い安全性と火器を使わないプラグ閉止ができるのがメカニカルプラグです。
溶接や火気使用の必要がないため、作業工数の削減、熱処理等のための事前準備や申請作業の解消、検査時間の短縮、熱影響や打ち込みによる装置へのダメージ回避などが可能です。

詳しくはコチラ

当社の熱交換器施工事例

お問合せ